人気ブログランキング |

【おうちTOWN】新居浜&西条のリフォーム、増改築はアドバンスリフド新居浜店

advniihama.exblog.jp

カテゴリ:施工事例( 69 )

お風呂・トイレ・洗面所の3点リフォームのアドバンスで!

e0061092_22274726.jpg
ぽちっと
e0061092_23475998.gif


おはようございます。

本当はリフォームが本業のトリドノ(鳥殿)です。

先月より施工しておりました、お風呂・トイレ・洗面所の3点リフォームが完成致しました。

このリフォームは今年3月より、お客様からご要望頂いていたものです。

お客様は洗面所に湿気が多く、床の傷みが気になっておられました。
その他、このお家を購入してからずっと、(10年以上)洗濯機を浴室で使用されており、浴槽が狭いこと。
浴室内の湿気で洗濯機が壊れないか不安な中で過ごされてきたこと。
洗面所の収納が少なく、限られた棚に物を置いてしまうので、洗面所が片付かないこと。
洗面所の中にトイレがある間取りのため、誰かがトイレに出入りすると、お風呂からの通路が遮断されてしまい不便を感じること。

トイレの手洗い部分が壊れ、不便になったこと。
お風呂の窓に網戸がなく、自作で網戸を作っておられました。でもそのために、窓開閉が不便な状況に‥
お風呂、洗面所、トイレはこれからの季節はいいけど、冬はちょっと寒くて厳しいこと。
昼間でもうす暗い洗面所。夜間使用時に電灯を付けても、浴室入口前はちょっと灯りが少なめ‥
蛍光灯は湿気のある部屋では結構、電球切れが多い現状‥
洗面所入口ドアは廊下側に大きく開閉するため、使いにくいので常に開けっ放しになっている‥

だ・か・ら・ 家族みんな家のお風呂はあまり使わず、近くの銭湯へ行く習慣に‥

こんな状況のまま、ご子息に自宅を遺すことはできないという責任感。

これらを解決すべく、アドバンスでは今回のリフォームにあたっては、以下の事を実行致しました。

①浴室・洗面所・トイレの全ての床下に土間敷設
②既存間取りのうち、トイレの角柱をちょっと移設することで、お風呂から洗面所への通路幅の拡張
  さらに、
トイレ入口ドアは折戸にして、ドアの通路への干渉を低減。

③浴室はタカラスタンダードさんのぴったりサイズバスで現在の浴室空間を最大限に活用。
④洗濯機は洗面化粧台脇のスペースの活用して、かつ水栓交換、臭気トラップ付排水栓で快適仕様へ。

⑤洗面所の入口、洗面化粧台上スペースを活用して、キッチン用吊戸棚を設置し、収納量を拡大。
⑥洗面所入口は既存のドアから、片引戸にすることで、洗面所入口開口を余すことなく使えるように。

⑦洗面所の電灯は、脱衣場上と、浴室までの通路上の2か所設置とし、トイレ電灯と合わせてLEDへ。
⑧これから夏だが、冬のことを考えて、床下・天井裏断熱材を施工。

⑨お風呂・洗面所・トイレの窓は二重窓へ。
⑩網戸を新設して、窓の開閉が容易にできるように。

⑪簡易水洗トイレは、交換して、手洗い部が使えるように。また、将来のことを考えて、手摺を取付。
⑫今回の施工でガス給湯器は自動湯張、追焚機能付へ交換。浴室も浴槽・床・壁・天井断熱仕様で
 少しでも光熱費を節約できるタイプへ。


お客様の想いが、少しは形になったでしょうか?

施工後の様子です。

e0061092_22221091.jpg
e0061092_22212093.jpg
e0061092_22204429.jpg
e0061092_2220212.jpg
e0061092_2219572.jpg
e0061092_22193711.jpg


e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-06-07 08:30 | 施工事例

お風呂工事の土間コンクリートって何のため?

ぽちっと
e0061092_23475998.gif



おはようございます。  アドバンスの鳥殿です。

今日は、お風呂改装における土間施工について、ご説明させて頂きます。


お風呂の工事過程ってご存知ですか? 一般的なタイルのお風呂から、システムバスに交換する場合は、以下の要領で行います。

e0061092_2259265.jpg


この工程の中に、お風呂の中に土間コンクリートを敷設する工程があります。

今回は、072.gifここにスポット072.gifを当てます。

システムバスを設置する前に解体後のお風呂の地面にコンクリートを敷設するのには、いくつかの理由があります。

一つ目;一般的にシステムバスの足元はボルトで高さを調節できる金属の脚があり、
     この脚で浴室全体の荷重を支えています。浴槽には200L~300L程度のお湯
     が入り、かつ、そこには浴槽、シャワー等の設備もあるため、全体で500Kg以上に
     もなります。
     システムバスを安定して固定するためには、足元が水平で、接着剤で固定でき
     る環境が必要になります。

二つ目;最近でこそ、建築基準で基礎の高さが規定されていますが、築年数の古い家で
     は基礎の高さが低いお家もたくさんあります。
     システムバスはそういったお家にもバリアフリーで設置できるようにするために、
     脚元は高さ調整できるようになっています。でもその調整巾は少ないため、
     既存の脱衣場の床の高さにシステムバスの床を合わせるためには、
     システムバスの脚の長さに合わせて底上げが必要です。
     この底上げの最も安定的な方法が土間コンクリート敷設なのです。
     一般的にコンクリートは100㎜(10センチ)以上の厚みで施工します。

三つめ;タイルのお風呂のタイルの下は、土壌です。土壌は、外界からの影響
     を受けやすい特性があります。
     外界に害虫が多く棲んでいれば、その害虫は土壌の中を通って家屋
     内部に侵入してきます。
     良く聞かれるのは白蟻ですが、この白蟻をそのままにしておくと、白蟻
     を捕食するゴキブリや、ムカデ等食物連鎖により、さらに恐ろしい害虫が
     増加します。
     ‥‥  おーっと話がそれてしまいました。
     
     外界に湿気が多ければ当然土壌を伝って、湿気が家屋内部に浸透して
     きます。特に湿気は害虫の増加や、床下木材の劣化を早める要因にも   
     なります。
    
     コンクリート土間を敷設することで、湿気が上がるのを防止することが
     できます。


現在、浴室改装中ですが、今回のお家は、普段より床下の湿気が気になっていた
ご家庭ですので、浴室改装にあわせて、洗面所、トイレの床下にもコンクリートを
敷設し、床下環境も改善しようとしています。

e0061092_2354674.jpg
     
土間コンクリート敷設前の浴室土壌。やや黒っぽく見えるのは、湿気がある証拠。
e0061092_23584690.jpg

土間コンクリート敷設後の様子。
e0061092_014564.jpg

なお、今回は洗面所にも土間コンクリートを敷設しています。

浴室改装だけでなく、洋室、和室の下にも土間コンクリート施工は可能です。
現地でのご説明もさせて頂きますので、ぜひご相談ください。


e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-05-14 10:30 | 施工事例

賃貸リフォームもアドバンス!②

ぽちっと
e0061092_23475998.gif


リフォームと賃貸の2足のわらじを履いている鳥殿です。



近年は、賃貸マンション・アパートといえども、物件は余り気味です。
余っているにもかかわらず、大手アパート・マンション建設業者はどんどん新築を建設します。

一度入居が決まった新築物件でも4~5年もすると(早ければ、2~3年)1回目の入れ替わりの時期がやってきます。一旦、退去すると、築5年の物件でも、なかなか入居者が決まらなくなります。

新築物件と比較された場合には、家賃に対する評価に見劣りすることも1つの要因です。

まして、築15年、20年を経た物件は、なおさら入居者のマッチング(適合)が難しくなります。


現在、愛媛県においては、空室率は21.2%です。約5件に1件は空室というデータです。

また新居浜市においては、20.9%
松山市で、21.3%
今治市で、21.5%
さらに、四国中央市では、27.5%      HOME'S不動産投資>見える賃貸経営より

なんと、四国中央市では4件に1件は空室という、かなり空室化が進行したデータになっています。

このデータは平均値ですので、極端に見れば、一方で満室経営のアパート・マンションがあるとすれば、もう一方で
入居率が60%しかないアパート・マンションが存在することになります。

四国中央市では、一方で満室経営のアパート・マンションがあるとすれば、もう一方で入居率が半分(50%)のアパート・マンションが存在することになります。


オーナー様からすれば、もし、物件の残債があれば、入居率90%を割り込むと採算性に合わないとさえ、言われています。


さらに、空室の物件は、税金の軽減措置も受けられないため、多くの空室を持つオーナー様にとっては、頭のイタい問題も発生してきます。


こうした物件の入居率を上げるために、多くの不動産会社が、いろいろな策を講じています。

良く聞かれるのは、家賃・初期費用の値下げです。

①家賃を現在よりも安くして、入居者の選択肢に入るようにする。
②敷金、礼金を限りなく少なくして、入居者の入居前初期費用を抑える。

これは、例えば、家賃¥50,000/月、共益費¥3,000/月、駐車場代¥5,000/月の物件を例にすると、
入居前に、敷金3ヶ月、礼金1ヶ月、仲介手数料1ヶ月であれば、
¥50,000×3            =¥150,000(敷金分)
¥50,000×1            =¥ 50,000(礼金分)
¥50,000×1            =¥ 50,000(仲介手数料分)
¥50,000+¥3,000+¥5,000 =¥ 58,000(当月家賃分)  合計¥308,000
が掛かることになります。これが、初期費用です。

入居前の引越台代や、引越に伴う購入品等あれば、もっと多くの費用が掛かります。


だ ・ か ・ ら  最近は、敷金0円、礼金0円といったゼロゼロ物件が多く見られるようになりました。

最近は、これに加えて、仲介手数料0円物件や、引越0円物件等、多くのゼロ物件が紹介されるようになりました。


もうひとつの手段が、リフォームによるリフレッシュです。
この方法には、
①建物の外観をリフレッシュする。さらに建物の名称を改名する。
②各お部屋をリフレッシュする。(室内リノベーション  リノベーション時に節電をイメージするLEDや電化等の対策を講じる場合もあります)

がありますが、まずは、費用が少ない、②から取り掛かるオーナー様が多いようです。


今回の施工事例は②に該当します。

物件は、今治市波方町にあります。

まずは、施工前の様子です。築25年の物件です。

e0061092_10543479.jpg
e0061092_10533637.jpg
e0061092_10522243.jpg
e0061092_1052372.jpg
e0061092_10512493.jpg
e0061092_10503379.jpg



施工後の様子です。

e0061092_10581886.jpg
e0061092_10574650.jpg
e0061092_1057779.jpg
e0061092_10564573.jpg
e0061092_10562250.jpg
e0061092_1056442.jpg
e0061092_10553126.jpg
e0061092_10551171.jpg



こんなにも、イメージが明るく、快適な空間で生まれ変わりました。
今回の工事では、水廻り(キッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレ)は全て新品に、
また、ガス給湯器(追焚付)、ガスコンロ、玄関収納、室内電灯、畳、襖、クロスも全て新調しました。

家賃は¥45,000/月です。

即ご案内、ご入居できます。
ご案内は、セイコー不動産 今治店で承っております。

GW中ですが、1室限定のため、ぜひご内覧くださいますようお願い申し上げます。







e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-05-05 12:00 | 施工事例

オール電化と太陽光のこれから…

ぽちっと
e0061092_23475998.gif



太陽光発電の良さをぜひ知って頂きたいと毎日願っている鳥殿です。


電力会社各社より、電気代値上げの報道が取り沙汰されております。


四国電力においても、値上げは確実ですが、それ以上に気になるのは、現在オール電化の家庭に設定されているエコノミー割引(e割)が1~2年後の将来にはなくなるということです。


現在は、従量電灯Aの契約から、オール電化になると、深夜電力が使えて、夜間の電気代が安くなるだけでなく、エコノミー割引で、使用した電気代の1割がサービスになるというオール電化のお得な割引制度があります。この制度が将来的に廃止されようとしています。


オール電化には安全性や、エネルギー源の一括化による節電のしやすさとともに、光熱費の低減というメリットがありました。この「光熱費の低減」の部分がやや薄れてしまうのではないかという印象です。



私もオール電化家庭で生活するひとりとして、将来的なこの不安を取り除く方法が、3つあると考えています。

まず、

①太陽光発電を設置する

②蓄電池を設置する

③太陽光発電+蓄電池の両方を設置する


3つのうち、①の太陽光発電は今、盛んに設置が進んでいます。設置コストも年々下がり、今年は40万円/KWは切って販売されることでしょう。


ただ、今年からの買取価格の減少や、補助金の減少により、設置は『余剰電力発電』
(10KW未満の設置で家庭で使用することを優先とし、余剰分のみ売電するシステム。買取期間は10年間。国・自治体の両方から補助金を享受できる)

から、『全量固定買取発電』
(10KW以上の設置で売電を主体とするシステム。買取期間は20年間。補助金の対象外)に徐々にシフトしつつある状況です。

皆様も最近見かけませんか?
大手ハウスメーカー各社がこぞって、従来より屋根の大きい住宅を作り、
その屋根に10KW以上の太陽光を設置することで、月々の売電収益を拡大し、
ローン支払い金額の一部に売電収益を充当することで、ローン負担を軽減し、
断熱性や、耐震性、省エネ住宅として、安い金利優遇で建てる家ってやつです。


今年は、どの太陽光メーカーも全量固定買取太陽光発電が大きく躍進すると予想しています。


次に②の蓄電池ですが、昨年より、少しずつメーカー各社で発売されております。金額的には1台あたり100万円~200万円程度のものが多く、補助金も付くようです。

しかしながら、蓄電できる量が約10~20時間と少なく、実際のところ、災害対策用という感じが否めません。
様々なメーカーさんのお話を聞いていると、どうも一昔前の携帯電話の様はイメージを受けます。

そういえば、携帯電話も今から15,6年前まで、「電池持続時間が□□時間!」というふれこみで売りだされていたのを思い出します。どの携帯電話も、電池持続時間が200時間を超えたあたりからこのキャッチフレーズは消えて行きました‥‥

蓄電池も、あと、5年~8年もすると、もっと価格的に安価で、蓄電量も多くなることが予想されています。
従って、今はもう少し、待つのが良いかと思います。


③においても待ちの体制は変わりません。


となると、近い将来にオール電化のメリットを助けてくれるのは、『太陽光発電』しかない!と思われます。

いかがでしょうか?


先月末より、集合住宅の大きな屋根に13.2KWの太陽光を設置する工事をスタートさせました。
工事中の様子です。

e0061092_23244484.jpg


e0061092_2325731.jpg


屋根の上にメッキカラーの屋根が見えます。これが支持瓦です。
瓦の形状をした金具で、屋根瓦と差し替えて取付ることで、将来の雨漏りを防止します。
費用的には、既存屋根瓦に穴をあけて取り付ける方がコスト安ですが、私どもは全量固定買取太陽光の一番の難点は、20年という長期間であると考えていますので、長期間に渡る屋根下への災害リスクを優先的に考えた施工を行っております。

e0061092_23321375.jpg


太陽光パネル66枚の設置が完了しました。パネルは単結晶です。
後は、仮設足場を撤去し、連系(太陽光発電開始)を待つばかりです。

またひとつ、集合住宅の太陽光発電所が誕生することになります。

e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-05-03 10:30 | 施工事例

賃貸リフォームもアドバンス!

ぽちっと
e0061092_23475998.gif


リフォームかなえ隊”RED”の鳥殿です。


新居浜・西条エリアから遠く離れた今治エリアでご縁があって、リフォーム中です。


リフォームと言えば、『自宅を‥‥』というイメージが強いのですが、弊社では賃貸物件も入居促進のためリフォームをご提案させて頂いています。


今回は築20年を超えた大手ハウスメーカーの集合住宅を改装中です。

まずは退去直後の様子です。
e0061092_191887.jpg
e0061092_19173429.jpg
e0061092_1917925.jpg
e0061092_1916140.jpg



工事3日目     水廻り機器を撤去し、配管工事が行われた後の様子です。

e0061092_1921275.jpg



工事5日目     ダイニングの不燃壁は全て撤去し、部屋内がスケルトンになりました。

            並行して、床には防音材を付設し、フロア仕上げへ変貌しつつあります。

e0061092_1926141.jpg
e0061092_19253836.jpg

e0061092_19412940.jpg



来週には、キッチン取付を予定しています。

5月連休明けには即入居可能な状態に仕上がる予定です。

セイコー不動産賃貸事業部 今治店にて入居者を募集中です。
詳細は、セイコー不動産 今治店まで。





e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-04-20 19:41 | 施工事例

太陽光発電システム工事の注意点! お役立ち講座②

ぽちっと
e0061092_23475998.gif


太陽光販促レンジャーの鳥殿(トリドノ)です。

昨年から始まった全量固定買取太陽光の設置工事が、まだ、続いています。
今年に入ってからもメーカーさんの太陽光パネルの生産が追い付かず、今の受注分の工事は6月まで掛かろうかという状況です。

リフォーム産業新聞によると、昨年の10月~12月に出荷されたパネルの量は、住宅用10KW未満で一昨年の同月比で140%以上の伸び、全量固定買取の10KW以上で一昨年の同月比で700%以上の伸びであったようです。


まさに電気は「買う時代」から「売る時代」へ変革を遂げたと言って良いでしょう。


さて、本題ですが、本日は陸屋根設置の太陽光について、ご説明させてください。
陸屋根とは、屋根の代わりに屋上にコンクリートが敷設されています。
一般の住宅でも良く見られますが、多くは、アパート・マンション等の集合住宅で良く見られます。

太陽光を設置する際は、このコンクリートに「スラブ穿孔」という穴をあけて、そこに、架台のベースとなる杭を固定することから始まります。

ただ、この「スラブ穿孔」の際、最も問題になるのが、雨漏りです。

この雨漏りを防ぐために、各メーカーでは、この「スラブ穿孔」を行う際に施工マニュアルを発行しています。
例えば、以下のようなものです。

e0061092_20184681.jpg


このように、メーカーでは穿孔深さや、穿孔作業時の注意点を細かく規定しています。


しかしながら太陽光の設置工事が急増した今、これらのマニュアルを熟知せず、また、本来施工ID(各太陽光メーカーが施工研修を業者さんに対して行い、一定以上の技術を身に付けたと判断した業者さんに対して、交付する施工許可証のようなもの)を取得した作業者の付添なしでマニュアル不所持で施工する等が多く見られ、基本施工を満たしていない業者さんも多く見られます。


弊社では、このような事態を避けるため、「スラブ穿孔」時には、専任の建築士立会のもと、陸屋根の雨漏りの元凶となる主筋(屋上コンクリート防水層を維持するための主たる配鉄筋)への抵触を避け、正しい設置ができるよう現場管理を行っています。

一例として、屋上が外側断熱になっていた現場に対する、穿孔後の基礎架台取付の様子です。

e0061092_20315411.jpg


向かって左側が、穿孔作業後、架台設置用杭を取り付けた状態。右が、そのためにカットしてくりぬいた外側断熱材です。

e0061092_2034164.jpg


架台設置用基礎の廻りが空いているため、この隙間に、発泡ウレタン断熱材を注入しています。

e0061092_20355150.jpg


その後、発泡ウレタン断熱材のバリをカットし、コーキング施工するとこのようになります。

この上に、防水塗膜を張っていきます。

e0061092_20375090.jpg

e0061092_20384849.jpg


次に、太陽光設置面全体に防水塗装を施工し、その後架台取付と作業を進めていきます。

e0061092_2041347.jpg

e0061092_20424269.jpg


その後パネルを設置していきます。

e0061092_20435161.jpg


この現場の工事においては、施工中に雨が多かったため、着工から、工事完了まで約1ヶ月を要しました。

太陽光の全量固定買取は20年間です。このあまりにも長い期間の間に、起こりうる被害を想定して、手間暇をかけて設置することが、自然災害や、雨漏りを防止して、長期間発電できる施設に仕上げる大切なポイントの1つではないかと思います。

設置に関しては、業者さん選びも重要な注意点です。

e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-04-06 21:05 | 施工事例

太陽光発電開始!!

ぽちっと
e0061092_23475998.gif


おうちtown太陽光販売促進担当大臣のトリドノです。

今日は、新居浜市内で、太陽光の発電開始が2件ありました。

いずれも、集合住宅の太陽光発電で10kw以上の全量買取になり、40円(税抜)/kwhで、20年間買い取られます。


そういえば、つい最近、平成25年度の太陽光の買取金額は、10kw未満の余剰電力で38円(税込)/kwhで10年間買取になるそうです。


10kw以上の全量買取太陽光は、36円(税抜)→すなわち、37.8円(税込)/kwhで20年間買取の予定です。



今回発電開始した太陽光は平成24年度申請済ですので、42円買取の対象になります。


この差、10%は大きい! 全量買取の場合、10kwでは、1年間で約4万円もの買取金額の差が出ます。


20年間なら、80万円程の差になります。

当然、15kwなら、20年間で120万円の差ですね。

この収益ロスをどうやって、減少させるかが、今年の課題になっています。


本日、発電を開始した太陽光は全て、単結晶モジュールです。
e0061092_12364145.jpg

e0061092_1242438.jpg
e0061092_12413133.jpg



もう1か所です。
e0061092_12445983.jpg
e0061092_12444227.jpg
e0061092_12431678.jpg



太陽光の発電開始を「連系」と呼びます。
発電を開始すると、電力会社より「連系確認書」という書類が出ます。

この書類が発電開始の証明書になりますので、保管しておくことが大切です。
e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-03-26 12:47 | 施工事例

築年数の経過したお風呂はご用心?!

ぽちっと
e0061092_23475998.gif


何でも屋の鳥殿です。

新居浜市内でお風呂の改装をやっています。013.gif


今回は築後40年を経過したお家なので、(予想通り?)改装中に問題点が多く出て参ります。007.gif


まずは、現状のお風呂です。
e0061092_21563016.jpg

e0061092_21565439.jpg




解体してみたところ、こういう状態でした。
e0061092_21581238.jpg
013.gif

柱に注目してください。

これを横からみると、
e0061092_21584839.jpg
025.gif

あれれ~!は柱が‥‥

さらにアップしてみます。
e0061092_2159216.jpg
007.gif

もしかして、この柱浮いてる?

この柱はタイルに支えられていただけで、実は強度は全く影響していなかった!ということになります。
この、腐食の仕方は、水濡れ及び白蟻の可能性も考えた方が良いでしょう。

今回は、入口引戸に対応するため、この柱を撤去し、
屋根裏に「荷持」という補強梁を入れて、施工しています。

今は、デフレの時代と呼ばれて久しいですが、リフォームの費用が高いか?安いか?だけに、目を奪われがちです。

でも、せっかくお金を掛けて、リフォームするのですから、お家の将来を考えて、より安全に、より安心して長く使えるリフォームをご提案させて頂ければと日々考えています。



e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gif【おうちTOWN】セイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-03-21 22:11 | 施工事例

太陽光発電システム工事費用の落とし穴! お役立ち講座①

ぽちっと
e0061092_23475998.gif

いつもご愛読ありがとうございます。

アドバンスの鳥殿です。

毎度の太陽光発電ですが、本日は施工にスポットを当ててご説明させて頂ければと思います。

太陽光発電を設置する場合、以下のセットが必要です。

①太陽光パネル
②パワコン(電流変換装置  ※パネルで発電する直流電流を家庭で使用できる交流電流に変換する機械)
③太陽光設置架台
④ケーブル、電力モニター等の付属品(  ※ケーブルはパネルとパワコンを接続する配線、電力モニターは発電状況をご家庭で目視できる液晶画面付のもの)


上記のうち、①のパネルの発電量や変換効率や、②のパワコンの性能については、どこのHPにも出ているので省略致します。


本日、お伝えしたいのは、③の架台についてです。

架台とは、太陽光パネルを屋根の取付ける際に、パネルの屋根の間につけるレールと金具がセットになったものです。
架台は屋根の種類によって形状や、取付方法が異なります。

一般住宅としては、●スレート屋根  ●釉薬瓦屋根  ●金属屋根の3つが多いと思います。

このうち、●スレート屋根と、●金属屋根は穴開け工法と呼ばれる方法が良く使用されます。いわゆる、屋根材本体に金具取付用の穴を開け、この穴から屋根下地と架台レールを固定するものです。一般的に、スレート屋根と金属屋根は架台に密着しやすいため雨漏りの心配はあまりありません。また、この屋根材は、この工法でも10~15年で塗装しますので、その際に屋根に上がった際、コーキング等でのメンテナンスも可能です。


しかしながら、●釉薬瓦屋根はちょっと事情が異なります。

メーカーでは、穴開け工法も用意していますが、どの職人さんに聞いても、15年以上経過すると雨漏りの危険性があると指摘します。
その理由として、

1.釉薬瓦の形状から、一般的に、釉薬瓦用の架台とパネルの間は、隙間が多く開いており、穴開け工法の場合、穴開け部分のシールドが経年劣化によって劣化すると、風向きによっては雨水が吹き込み、劣化したシールドから屋根下へ水が入る可能性が否めない。

2.釉薬瓦は塗装不要なため、太陽光発電を設置した後、屋根上へ上がる機会がほとんどなく、劣化が見えにくい。

ということがあるそうです。

そこで、弊社では釉薬瓦の場合は、穴開け工法ではなく、支持瓦工法をお勧めしています。
これは、瓦に穴を開ける代わりに、瓦1枚をまるごと、金属製の架台支柱のついた疑似瓦に交換するもので、先程からの雨漏れの心配はほぼなくなります。
ただ、前述の穴開け工法に比べて、架台の費用が少し高くなることが欠点です。
それでも、屋根瓦からの雨漏れの可能性をほぼ0にすることで、太陽光発電システムを設置した後の安心感や、将来的な修理費用を考えるとこちらの方がお得だと言えます。

それでは、支持瓦工法による、架台設置をご覧頂きましょう。

e0061092_174839.jpg


この釉薬瓦は平板釉薬瓦ですが、部分的に瓦1枚が架台設置用金属疑似瓦に交換されているのが、わかります。この1枚分を拡大したものがこれです。

e0061092_17494312.jpg


この後、パネル設置に必要はレール架台を取付、太陽光パネルを固定していきます。

e0061092_175105.jpg


e0061092_19344634.jpg

ちなみに、穴開け工法による架台と、支持瓦工法による架台の価格差は1KWあたりおよそ1.5万円~2万円くらいです。

ですから、価格だけで、太陽光の施工業者さんを選定するのもちょっと考えものです。

釉薬瓦へ太陽光を施工される方は、施工方法についても業者さんとお打合せしておく方が、将来的にトラブルが少ないと思います。

e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gifセイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-03-04 19:28 | 施工事例

キッチン入りました!

ぽちっと
e0061092_23475998.gif



アドバンス 鳥殿です。

先般より施工しております現場にキッチンが入りました!

お客様が以前より欲しかった、「幸せの黄色いキッチン}が!!


今回は、施工前の流し台が間口270㎝で、今回の新しいシステムキッチンが255㎝なので、残った15㎝を
収納に生かしてみました。

今までのキッチンには、調味料置き場がなかったので、キッチンの上が片付けにくかったのですが、今回のキッチンは、この収納に支えられて、より整理しやすくなるかな?と少し期待しています。

調味料棚の上下には、お盆や、アルミホイルや、ラップ等細い物を収納できるようにしてみました。

キッチンにはLEDシーリングライトを取り付ける予定です。
まだ、電灯が付いていないため、少し暗いですが、キッチンの雰囲気をご覧ください。

キッチンはタカラスタンダード製です。


e0061092_23242746.jpg



e0061092_23244541.jpg



e0061092_23251035.jpg



e0061092_23252414.jpg




e0061092_23344945.jpg

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

072.gif 新居浜市のリフォームは アドバンスリフド 072.gif

アドバンス・リフド 新居浜店    001.gif愛媛県新居浜市松木町4-25(地図表示
                    062.gif0120-43-5977
                    055.gifホームページからのお問合せはこちら
                    058.gifリフォームのお見積は、こちらから
                    063.gifセイコー不動産グループのホームページへ

アドバンス・リフドリフォネット登録店です。
株式会社アドバンスは、リフォーム支援ネット「リフォネット」(消費者が安心してリフォームを行なえる環境づくりを目的に(財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターが運営する公的なサイト)加盟会社です。リフォネット登録事業者の情報の登録番号「4898」で検索すると、当社の登録内容が表示されます。
by advniihama | 2013-02-22 23:29 | 施工事例